売却のメリット

現金化できる(資産を運用できる)
不動産売却の最大のメリットは「現金化」できることです。 使用していない不動産であれば、資産を現金化できます。 現金化することで、資産を運用しやすくなります。 運用方法は個人によってもそれぞれ異なりますが、残りのローンを繰り上げて完済したり、売却代金を新たな不動産の購入資金にしたりなどの一例があります。
維持費が不要になる
建物は経年劣化をするので、定期的にメンテナンスが必要になります。 使用していない建物であっても、年数が経つごとに劣化していきます。 そのため維持費はかかってしまいます。 もし使用していない建物を売却するのであれば、維持費の必要性がなくなるので、その分負担が軽減されます。
戻って来るお金がある
住宅ローンを組んでいる場合、売却代金で住宅ローンを完済すれば、ローン借入時に支払った保証料が銀行から返却されることがあります。
税金の軽減
不動産を所有すると、複数の税金がかかります。 売却することでそれら税金の負担が軽減されます。
売却査定を依頼
Fudousan Plugin Ver.5.3.2